はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。私が生活・勉強・自分のことと、奮闘するはなしです。

毎日まっさらじゃん!

こんばんは!

 

最近、ブログのことを忘れていました!
自分に必死で、ぐるぐると毎日が過ぎていました。

 

ただただ、呼吸をして、食べて、寝る日もあれば、

映画を見て、曲を聴いて、感動して泣いてしまう日もある。

学校に行っても、何もしないで院生とダラダラしたり、

研究・勉強に追いやられている日もあります。

 

毎日を生きている。

 

日記を見返して思ったのですが、

 

日々考えることがある。

その日ごとに感じとることが違う。

思考回路がくるくる動いている。

 

 

くるくる、くるくる...

 

f:id:popoponyo1119:20180124003248j:plain

 

1日という区切りの中で、何を考えて、何を話すのか。

 

1日の終わりにお風呂に入り、体をリセット。

私は寝るとき、日記を書いて、考え事をリセット。

 

私は成長できているのか?

このままでいいのだろうか?

何をしたくて、何が嫌なのか?

 

日記は、毎日続いています。

 

日々、振り返ることもなく、その日の気持ちを書くので、

改めて読み返すと、不思議な感じです。

 

おんなじことを考える日もあれば、違う日もある。

まったくの別人格みたい!!

っていう日が連続していたりして、自分に驚かせられます。

 

自分の中には何人もの人格がいて、

それ同士が日々ぶつかり合っています。

 

ハッピーなこと大好きな私

不穏な雰囲気な絵が好きな私

みんなに優しい私

みんなの期待を裏切る私

すぐ引きこもる私

恋愛に憧れる私

研究者になりたい私

ニートになりたい私

 

みんな、自分で私で

嫌なところも良いところも、そこにある。

 

ただあるだけ。

どの自分も大事にしたい。

 

そう思います。

 

 

では、近々、更新します。

多分ね!笑

 

 

おやすみなさい。

 

f:id:popoponyo1119:20180124005118j:plain

クロックス事件

 

こんばんは?

おはようございます?笑

 

今日は、私の中で革命的だった、

『クロックス事件』

の話をしたいと思います。

 

 

端から見たら、

あ、そう。

で終わるような出来事ですが、

私にとっては衝撃的だったので書いてみます。

 

 

あれは、私がまだ実家にいた頃、

私は買い物に行くのに、家をちょっと出ることになりました。

 

 

玄関にあった、クロックスを履いて行きました。

 

車に乗って、

買い物を済ませて帰ってきたました。

 

そしたら、妹がめっちゃ怒ってました。

 

「うわぁ...近づかないようにしよう...」

 

そう思った矢先に、

 

「ねぇ!!私のクロックス履いてったでしょ!?!?」

 

 

あ、そういえば、確かに、

いつもは置いてない柄のクロックスだった気がする...

 

いや、でも、クロックスごときでそんな怒るか?

なんか壊したりしたっけ...

何やらかしたんだ私は...

 

「履いてったけど...??」

 

「ねぇ、それ、新品だったんだけど。」

 

「あ、そうなんだ...」

 「でも、汚してないよ...?」

 

「あ〜、もう。そうゆうことじゃないんだって!!」

 「私のクロックス二度と履かないで!!!!!!」

 「本当に信じらんない、超ムカつく。」

 

すごい怒ってる妹を見て、

私もなんか腹が立って、言い返します。

 

「いいじゃんクロックスくらい。」

 「ほんとうるさいな〜」

 

「はるかはいいかもしんないけど、私は嫌なの!!」

 「もう履かないでって言ってんじゃん!!!!」

 

圧倒的に、私が悪いので、とりあえず謝りました。

 

「ごめん、わかったよ!」

 「ムカつくな〜!」

 

 

こんな感じで、クロックスを履いて出かけただけで、

すんごい怒られました。

 

まぁ、私が人の靴履いたのが悪かったんですけど、

その時は全然納得がいきませんでした。

 

 

だって、私は、クロックス新品でもなんでも、

他人に履かれても、何にも思わない自信がありました。

 

なんであんなに怒ってたんだろう...

 

と、モヤモヤして、次の日に、友人に話しました。

 

 

「〜〜〜ってことがあったんだけどさ、そんな怒んなくてもよくない!?」

 「不条理だよね!?!?」

 

「............」

 「それ、私も妹さんと同じこというと思う。」

 

「え!?!?マジで!!?!?」

 

「あんたにはわかんないかもしんないけど、やだもん。」

 「ただでさえ人に履かれるのが嫌なのに、新品とか...最悪...」

 

「マジか......」

 

その後、何人かの友人にも同じ話をしたのですが、

皆同じようなリアクションでした。

 

 

その時私は、びっくりしましたが、

それと同時に、

 

「私の感覚が、みんなと違うんだ....!!」

「というより、私には理解できない感覚の人がいるんだ!!

 

と、人生で初めて思いました。

 

 

私は、大抵の人の心境や気分を読めると確信していたのですが、

自分でいくら想像しても、

他人の心境や思考は、100%読むことができない。

理解することができないのだ、と体感しました。

 

 

これは、私にとってとても革命的なことでした。

 

当時、学校の先生を目指していた私は、

絶対にいい先生になれると思っていました。

みんなの気持ちを理解して、優しくすることができるからです。

 

でも、そんなのは自己満足に過ぎないのだと気がつきました。

 

学校の先生になりたい人っていうのは、

学校が楽しかったから、

先生になりたいと思える。

そう、私は考えています。

 

 

じゃあ、学校が楽しくない人の気持ちがわかるか?

いじめられる、いじめた経験のない私が、何をわかってあげられる?

不登校な子に、学校に来てくれるよう、説得できる?

 

 

そう考えたら、なんか、先生って使えねぇな、と思ったのです。

 

 

何が正解とか、どうしたらいいとか、

他人である「生徒」を導けないと確信したからです。

 

(今思えば、導く必要なんてないんですけどね。)

(好きなようにさせればいいんだと思ってます。)

 

 

そんなときに、他人と自分を、

いい意味で隔離できた気がします。

 

他人と自分を一緒にしてしまうと、

私にいろいろな影響が回ってきてしまいます。

 

あんなふうに怒られて、ショック受けるのも嫌だし笑

 

そうゆう人もいるんだ、ふーん。

 

それでいいんだと、よくわかりました。

 

 

そんな経験談でした。

 

 

たかがクロックス。

されどクロックス。

 

ですね。

 

姉妹ゲンカの恥ずかしい話でした。笑

 

 

mail; geoharukageo@gmail.com

f:id:popoponyo1119:20171214044555j:plain

最近書いたスケッチです。

お絵描きは楽しいぞ!

心機一転!

 

こんばんは。

 

そしてお久しぶりです。

 

 

先月は自分の中でぐるぐると考え事をする月でした。

 

11月頭の方は、なんか一瞬すっきりしたのですが、

そのあと、すぐにモヤモヤし始めて、

また一週間ほど引きこもっていました。

 

完全に引きこもっていたわけではないのですが、

学校には行かず、

自分のことを、悶々と考えておりました。

 

 

ひたすらに、考えて、

ふとやりたくなったことは、やってみる。

そんな生活をしていました。

 

 

何が嫌で、

何が好きなのか。

 

自分がやっていることがなんなのか。

 

どんな場所にいて、

何をして喜びを感じるのか。

 

何にひっかかっているのか。

 

 

なんだか、

 

やりたいこととか

仕事のこととか、

 

本当によくわからなくなって、

ずーーっと考えていました。

 

 

気の赴くままにしていると、

新宿御苑にいたり、

古本屋にいたり、

カフェにいたり、

夜寝ないで、江ノ島に始発で行ったり、

 

いろんな場所に行っていました。

 

 

海の風・日の光は

私を包み込んで、モヤモヤを流してくれました。

 

f:id:popoponyo1119:20171209031153j:plain

 

f:id:popoponyo1119:20171209031230j:plain

 

一日中、部屋で絵を描いてる日もありましたが、

あんまりプラスな効果はありませんでした。

 

絵を描くのは楽しいんですけどね!

 

とにかく、

部屋の外に出ると、

なんか、自分に変化があります。

 

人と会ったり、話したりすることで、

自分の中身が整理されます。

 

 

同年代の友人と夜通し話しをしました。

 

そのときの私は、

『大学院辞めて、なんかやるぞ!』

と意気込んでいました。

 

 

その友人は

 

「もったいないからあと1年我慢しなよ!」

「仕事どうすんの。。。?」

 

 

とか言わなかったんです。

 

むしろ、

「じゃあこうゆうのあるよ!知ってる?」

「これとかできそうだよね〜」

 

って、私の夢に対して、

対等に、真剣に、向き合ってくれました。

 

 

なんて、頼もしいやつらなんだよ〜〜

と、ワクワクしてしまいました。

 

 

自分が、突き進んでいると、

周りにいる人も、自然と、

それを応援してくれる人が、集まってくるのかもしれないです。

 

 

でも、大学院を辞めたい理由も、

そのときはわかっていませんでした。

(今も明確な理由がわかりませんが、笑)

 

たぶん、誰からも評価されていなかったから、

自信がなくて、逃げたかったんだと思います。

 

評価されない研究は、意味がないと思っているから。

 

 

それも、その友人に話しをしたら、

 

「私の先生は、

『賞をもらうために研究する人は、邪道だ』

って言ってたよ」

 

って、ズバッと、言ってくれました。

 

 

そのときに、なんかパーっと明るくなった気がして、

とても気が楽になったのを覚えています。

 

自分で悶々と考えて、

結論を出した後に、

こうして話しを聞いてもらうと、すごい効果的でした。

 

改めて、言葉に出す大切さ、

言葉で受け取る大切さを感じました。

 

あと、

やっぱり、自分一人で生きていくことは、

本当に無理なんだなって、実感しました。

 

 

結局、

『勇気を出して、先生に相談する』

と言う結論になりました。

 

 

そして、久々の学校。

行くのが怖くて、億劫でしたが、

自分を奮い立たせて、家から出ました。

 

少し先生と研究の話しをして、

結局、大学院早めないと決意しました。

 

自分、チョロいな〜!!と思いました。笑

 

 

実は、引きこもりする前に、

先生にやってみたい実験のことを話したのですが、

 

「そんなのわかってることじゃん」

「それは〜〜さんがやってたよ」

 

と、完全にはね返されたんです。

それも研究の意欲低下になる、きっかけだったのかもしれないです。

 

 

私が改めて話しをした時に、

それが先生の中に残っていて、

これからの実験に生かしてくれることがわかりました。

 

学会発表も増えるかもしれないです。

 

そう考えたら、

なんだかやる気が出てきて、

大学院頑張る!!!

 

ってなりました笑

 

本当にチョロい性格だと思います。

 

 

そんなこんなで、学校の方のモチベーションが上がりました。

 

本当に良かった!

 

 

 

これから、研究頑張ります。

 

 

f:id:popoponyo1119:20171209174924j:plain

江ノ島で描いた絵

 

 

今、私はアルバイトをしていないので、

お金が本当にないです。

 

この生活はずっとは続けられません。

 

ただ、借金が増えるだけです。

 

 

だから、誰でも出来る仕事をする、

手っ取り早いアルバイトでなく、

(ただ、アルバイトが嫌なのですが、笑)

 

自分にしかできない、仕事を作りたいと考えています。

 

 

ひとつ、似顔絵の仕事をいただいたので、

それを生かして次の仕事につなげたいと思います。

 

 

さて、上向きの風が吹いてきました。

それにのっかり、

どこまで行けるのか、楽しみです。

 

 

うまくまとめられませんでしたが、

とにかくいい方向に向かっています、

と言う報告です!

 

はるかでした〜〜

 

 

 

コメント・感想、

いつでも受け付けております〜〜

 

mail: geoharukageo@gmail.com

f:id:popoponyo1119:20171209180523j:plain

おかね?

 

こんばんは。

 

 

研究のやる気も、絵を描く気も、全然起きなくって、

一週間ちょっと、だらだらしました。

 

ダラダラモードのHARUKAです。

 

 

今年になってから、よく見る現象で、

何に対してもやる気が起きなくて、

部屋にこもってしまいます。

 

これが不思議で、

本当に無気力になるんですよね。

 

 

今はその状態から、脱しました。

 

よかった......

(結構きついのです!鬱の一歩手前な感じ?)

(一見ダラダラしてるだけなんですけどね笑)

 

 

脱してみてわかったのが、

そうゆう無気力な時って、

 

・漠然とした不安に押しつぶされている

・お金の心配をしてる

・何かの期限が、突然発覚する(期限前)

昼夜逆転生活してる

 

といった感じで、

 

心配事が多い時・体調が本調子でない時

になることがわかりました。

 

 

今回、それから脱する時、

友人の家に泊まっていました。

 

 

気分転換に、

川沿いを歩いて、

もんじゃおごってもらって、

アイス食べて、

犬と戯れて、

お絵かきソフトいじらせてもらって、

 

もう、無心で遊びました。

 

遊んだのも、もちろん脱出の糸口だったとは思います。

 

 

でも、何よりも効果の大きかったのが、

友人のお母さんの話!!!

 

お母さんの話が面白すぎて、

自分が悩んでるもの抱えているものがどうでもよくなったんです笑

 

 

そのお母さんの話の中で、

「何がお金を作るのか?」

ということを、私は常に考えていました。

 

 

いつも記事を読んでくださっている方はわかると思いますが、

 

私は最近、

 

自分でお金を稼ぐぞ!!うおおぉぉ!

紅茶売ってみるぜ!!

路上やってみるぜ!

 

 

ってなってます。

 

 

それはみのりさん(http://sexrecipe.hatenablog.com/

に借りた本の影響が大きかったです。

 

 

その本は一回しか読んでいませんが、

『人の幸せ ≒ お金』でまわるんだよ。

というような、お金持ちの人の話でした。

 

 

確かにそうです。

 

人の『不』を解消する。

その人を幸せにすることで、そこに『お金』が発生します。

 

たとえば、

『サービスした分、お金でかえってくる』

といった感じです。

 

 

私は、常にお金に困っているので、

『お金持ちになりたい』

と、漠然と考えています。

 

 

でも、この、『ヒト』『お金』『幸せ』の関係が未だにつかめていません。

絶対に関わっていることは、感覚的にはわかります。

 

これがつかめたら、なにか一歩進むな、と思うのです。

 

 

そこで、友人のお母さんの話に戻ります(笑)

 

 

友人のお母さんは、めっちゃお金持ち!!めっちゃですよ!

(数千万が日常的に動く人です。)

なので、友人は、スーパーニートしてます。笑

 

そのおかあさんと、たくさん話をしました。

 

その時に、私は、

『お金持ちの人って、何考えてるんだ??』

って思って聞いていました。

 

 

もともと、家系がお金持ちなわけではなくて、

お母さんの『やりくり』によって、

今の状態があるらしいです。

 

友人曰く、

「ラッキーなんだよこの人!!!」

 

お母さん曰く、

「そうなのよ、私ラッキーなのよ〜〜」

 

 

おお??どゆこっちゃ?

ラッキーでそんなお金持ちになれんの!?!?

って思いました。

 

 

でも、私が今までに見た、お金持ちの人は、

(とは言っても5人くらいしか出会ったことがないですけど...)

2タイプに分けられます。

 

・落ち着いていて、紳士淑女的な方

・自信ありげで、ドヤ顔(いい笑顔なんですよ!笑)してる方

 

 

タイプ分けをしましたが、

共通点があります。

 

それは、

 

・笑顔である

・愛嬌がある

 

と言うこと。

 

 

ここから、何が言えるかはわかりません。

 

ただひとつ言えるのは、

『お金』は人と人との間でしか発生し得ません。

 

つまり、

 

人当たりが良い・愛嬌がある

 

ということはめちゃくちゃ強いのではないかということ。

 

 

当然、お金の出入りのタイミングの調節がうまいし、

タイイングがくるまで、辛抱できる。

とか、いろいろお金の管理方法があると思います。

 

なんか、まだ自分でもよくつかめていないですが、

お金持ちの人の思考は面白いです。

 

今までに、自分の中にはなかった感覚を持っています。

それがとても面白い!!

 

 

お金持ちになった人には、

不思議なパワーがあります。

 

ラッキーを引き寄せているのです。

 

また、その人たちはそのラッキーをキャッチするために、

センサーを張り巡らせています。

 

『ラッキー』をつかむ。

 

これも、お金持ちの秘訣かもしれません。

 

 

これがどうゆうことなのか、

なぜお金につながるのか、

まだ、自分の中でもまとまっていないし、

掴めていないです。

 

でも、私はきっと、

お金持ちになる素質はあるんじゃないかなぁ、、、?

と思っています。

 

 

あと、お母さんと話していて思ったのですが、

友人のお母さんは

『淡々と生きている』

のです。

 

日々の積み重ねが、確実に積み上がっていて、

日々を自由に暮らしている。

 

食べたいものを食べて(以外とほとんど自炊なのです)、

やりたいことをやって、

買いたいものを買って、

 

本当に自由です。

 

あぁ、自由になりたいなぁ〜〜〜

 

 

じゃあ、『淡々と』暮らしてみよう!

と思い、

明日から真似してみようと決心した

HARUKAでした。

 

 

今日は、お金がそうやって作られているのか、

考えたことを綴ってみました。

 

まとまりませんが、この辺で。

 

 

ご連絡はこちら→geoharukageo@gmail.com

 

 

f:id:popoponyo1119:20171105015616j:plain

文化祭に出品した絵『修行』

笑顔って最強かも…!

 

こんばんは!

 

ネパールでまんまと風邪をひいたHARUKAです笑

 

言い訳していいですか?

まさか夜行バスに乗ってて、窓が勝手に開くとは思わないじゃないですか!

 

冷たい風邪にひゅーひゅー吹かれて、

完全に喉がやられました。

 

さらに鼻が詰まった状態で、飛行機に乗ったら、

気圧の変化で完全に調子が狂ってしましました。

 

金土日と、家にこもりました...

(研究やばい)

 

 

今も耳と鼻が詰まってます!!泣

 

 

 

さて、本題に移りましょう。

 

 

10/18-25まで、ネパールに行ってきました。

じゃじゃーーん!!

 

f:id:popoponyo1119:20171030003111j:plain

 

これは、ネパールのルンビニにある、

お寺の一つで撮影しました。

 

お釈迦様の誕生の地で、

仏教の聖地になっています。

 

この公園?庭園?の中はとても綺麗で、

ネパールのお寺はじめ、日本・中国・タイ・インドなど、

いろんなお寺が集まってます。

 

 

 

ネパールでは、

ほんとに、ほんとにいろいろハプニングがあったんです!笑

 

 

 

ですけど、一番強く感じたのが、

 

『笑顔』って最強かも!!!」

 

ってこと。

 

 

(ちょっと話をそらしますが、元に戻しますので!!笑)

 

 

私は、ネパールに行く前に、

物乞いにあっても、絶対にお金を渡さない。」

「絵を渡す!!」

と決めていました。

 

 

ネパールでは、仕事が不足していて、

たくさんの人が暇そうにしています。

 

 

バス乗り場に行くと、

 

食べ物・チケット売りのおっちゃん達、

宿の勧誘のおっちゃん達、

物乞いの子供・女の人......

 

たくさんの人がいます。

 

 

日本では、信じられない光景です。

日本人は、仕事にそこまで困ってないから。

 

 

ネパールのゆったり、のんびりした空気、

私は、そこが好きです。

 

 

でも、ずっと住みたいとは思わない。

 

 

タクシーのお兄さん達(同じ歳くらい)と話をしたら、

 

「ネパールは仕事が少ないし、うるさいし、水も綺麗じゃない。」

「俺はボクサーになって、稼ぐんんだ!」

「俺は日本語を勉強して、日本に行く!」

 

私はこの言葉に衝撃を受けました。

 

 

日本なら、稼ごうと思えば、

ある程度までならいつでも、元気な体一つあれば稼げます。

 

 

でも、ネパールでは、

稼ぎたくても稼げない。

 

今の私には、信じられない話でした。

 

『やりたいことを、やりたいときにできないのか』

 

日本ってやっぱスゲェ。

 

お金すぐ稼げるし、

仕事もいくらでもあるし、

やり始めようとしたら、なんでも揃ってる。

 

 

これって、スゲェんだ....って実感しました。

 

 

そして、

 

私が、今、ネパールの人にできることって何だろう?

そう考えたときに、

 

『絵をプレゼントすること!!!』

 

と思い立ちました。

 

 

リュックに紙とペンを入れて、

機会があったら、何かを描いて渡す。

 

 

そう思っていたら、思いの外、大活躍!!

 

 

悲しそうな目で、

「candy? money?」

と物乞いをしてきた少女。

 

ここでお金を渡すことなら、誰でもできる。

この子も一番助かるかもしれない。

 

でも、ここで、「絵」を渡したら、

どうなるんだろう?

 

ペンをとって、ドラえもんを描いてみた。

 

 

 

そしたら.....

 

f:id:popoponyo1119:20171030024209j:plain

 

f:id:popoponyo1119:20171030024240j:plain

 

にこにこ〜っと笑って、その子も筆をとった。

その子が描いてくれました。

 

おおおお、少女、すごい!!

この造形は、どこから来るのだろうか.....

 

いろいろ描いた後、

言葉はわからなかったけど、

「私の似顔絵描いて!!」

って、ジェスチャーで言われた。

 

 

私が彼女を描いている間の、

その子の顔が忘れられない。

 

わくわくしてて、

目がキラキラしてる。

ちょっと恥ずかしそうで、

口角がキュッと締まる。

 

とてもかわいい「笑顔」だった。

 

f:id:popoponyo1119:20171030021348j:plain

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 

足元には、その子の兄弟かな?赤ちゃんがいました。

 

二人とも、ボロボロの服を着ていた。

 

でも、絵を描いていたり、ペンのキャップでツンツンしたり、

『遊んでいる』、それだけなのに、

すごい、かわいい、『笑顔』だった。

 

 

その笑顔を見たとき、

 

赤ちゃんの鼻水とよだれがズボンに、ペンについてようが、

彼女に、自分のそこそこ上手く描けた絵に落書きされようが、

 

 

ほんと、

そんなこと、どーでもいい!!!

と思いました。

 

 

この『笑顔』が見られる。

このことが幸せだって思ったんです。

 

 

きっと、ルピーを渡すだけじゃ、見られなかっと思う。

 

 

他にも、バス停で

「chocolate??」

って聞いてきた少年二人組にも、絵をプレゼントした。

 

二人とも、英語ぺらぺらで、

いろんな話したなぁ。

 

ネパールでは、『ハットリくん』が人気らしい!

f:id:popoponyo1119:20171030030204j:plain

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 (うしろのヒッピーな感じの兄ちゃんは、めちゃくちゃ歌うまかった)

(勝手に写り込んできた、いい笑顔だぜ!!!)

 

 

この他にも、

自宅のディナーに誘ってくださった方、

バスとかご飯屋さんで会って、仲良くなったおっちゃん、

 

いろんな人と、「絵」を通じて繋がって、

いろんな人の、「笑顔」を見ることができた。

 

 

人の『笑顔』って不思議なもんで、

 

なんだかほっとするし、

嬉しくなるし、楽しくなるし、

自分も笑顔になるし、

 

良いことずくめなんです!!

 

 

『笑顔』って最強かも。

 

そう感じることのできた旅でした。

 

 

HARUKA

 

f:id:popoponyo1119:20171030031351j:plain

朝、バスに向かう。

f:id:popoponyo1119:20171030032412j:plain

買い物。値段は交渉する。

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 

 

P.S.

 

ネパールで、もう一つ大事にしていたもの。

 

ネパールでは、

とにかく、朝ごはんはもちろん、

日中暇になったら、紅茶を飲みます。

 

せわしない日本では、特別な時間。

 

 

家に帰ってから、

朝起きてのんびり本を読みながら、

作業をしながら、

 

大好きな人とおしゃべりしながら、

 

紅茶を飲む。

 

 

どれも、とっても愛おしい『時間』。

 

いつもの自分を忘れて、ぼーーっとするのもいい。

 

そんな『時間』を、一緒につくってみませんか?

ぜひ、覗いてみてください。

ネパールのおすそ分けです。

 

harukashop

f:id:popoponyo1119:20171030033138j:plain

 

以上!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました〜!!

 

また、近々更新します。

 

感想・リクエス

コメントまたはメールでお待ちしております。

 

mail→ geoharukageo@gmail.com

 

初路上〜その2〜

 

こんばんは。

 

世界一周の結果待ちをしていて、

心ここに在らず なHARUKAです。

 

通ってるといいなぁ〜〜〜!!

ドキドキドキ!!

 

(ブログ書いている間に結果がきました)

(なんと落選!!超不服ですが!!仕方ない!!笑)

(どうしても行きたいので、何かしらの対策を講じたいと思います笑)

 

 

 

さてさて、昨日の更新の続きを!書きたいと思います。

 

 

路上滞在時間、一時間があっという間に過ぎました。

スマホなんて見る余裕なかったですね!笑

 

ひっきりなしに人が来て、

日曜日の原宿の凄さを知りました。

 

 

そして、またまたカップルのお客様が。

 

前のお客さんの絵を描いてる間、

ず〜〜っと私のスケッチブックを見てくれていました。

 

英語だったので、曖昧ですが、

 

その方はフランスからいらっしゃった方でした。

私の絵を見て、素晴らしい!!と言ってくださいました。

 

そして、私の似顔絵を描く時間より長い時間をかけて、

私の名前のロゴを書いてくださいました!!

 

f:id:popoponyo1119:20171016195814j:plain

 

めっちゃ嬉しかったです!!!

このロゴを生かして、なにかしたいなぁ〜!

とか考えましたね。

 

その人とも、握手をして別れました。

本当に素敵な笑顔の方でした。

 

わたしは、必ず、目を見て、お礼を言いました。

 

このころには、ギャラリーが20人くらい!!

これにはびっくりしましたね。

 

 

その後、同じように路上でライブなどをしている男性と、

占い師のおばちゃんが来てくれました。

 

 

それぞれに、似顔絵(のつもりで描いた絵!笑)

をプレゼントしました。

 

 

男性のお客様とはたくさん話をしました。

 

音楽活動に集中したいけど、

まだ会社で働かなきゃいけないんだぁ〜

と、おっしゃっていました。

 

 

わたしは、そういう風に、

自分のやりたいことと向き合っている人が大好きです。

 

決して、会社に入るのが悪いこと、ではなくて、

 

 

自分の心に素直に生きている。

 

それに惹かれるのです。

 

 

この世には、たくさんの選択肢があります。

それをそう選ぶかは、人によって全然違うのです。

 

それが人生だと思います。

 

 

ただ、選択肢を知らないで、

自分の心に正直に生きられずに、辛い思いをしているのなら、

それはとてももったいないと思うのです。

 

今の日本のカリキュラムだと、

生きる上での選択肢を知る機会が少ないと、わたしは思います。

 

 

義務教育を経て、大学に行って、一般企業に就職する。

 

 

その選択肢が、安心であり、正解である。

そんな風が吹いているように感じるのです。

 

 

だからこそ、希望を、夢を捨てないで、機会を待つ。

または、自分から探しに行くべきだと思うのです。

 

そうゆう『センサー』を自分の中に作動させておく。

 

 

そうしておけば、いつか、

自分の夢を叶えるための、幸せになるための、

『選択肢』を知ることができるでしょう。

 

 

私がそうだったからです。

 

 

今、その選択肢を選ぼうと、いろいろ動き始めているところです。

 

自分が幸せに、生きられるように、

頑張りたいと思います。

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

感想・リクエスト、コメントにてお待ちしております!

mail: geoharukageo@gmail.com

 

 

HARUKA

 

 

P.S.

 

世界一周に落ちましたが、

もう完全にそっちに気持ちが傾いていますので、

なんとかして行く手段を見つけたいと思います!!

 

とにかく、日本から出たい!!!笑

 

またいろいろ考えたいと思います。

 

今月は18-25日にネパールに行ってまいります。

たくさん思い出作ってきたいと思います!!

 

道中暇だと思うので、ブログか、絵を更新できたらいいなと思っています。

 

ではでは皆さま、良い夜を!

 

f:id:popoponyo1119:20171016213935j:plain

千葉県・勝浦の露頭

ビッグです!!断層バシバシで見応えありました。

 

 

初路上〜その1〜

 

こんばんは!

 

ぽにょです!!

 

皆様に小さなお知らせがあります。

 

 

今日から、ブログのはじめと最後の挨拶は、

「ぽにょ」ではなく、

「HARUKA」にします!

 

 

理由は、ぽにょと呼ばれることより、

「はるか」と呼ばれることの方が多くなってきたからです。

 

これは自分自身でいろんな活動をしていくうちに、

「はるか」の方が必然的に多くなったからです。

 

 

最近は、

 

ホームページを作ったり、

harukashop

地学の実験教室の開催を目論んでいたり、

(GEOTRAS (@geotras55) | Twitter)

 

しています。

 

 

ここではまだ紹介ができていないですが、

近々、詳しく書きたいと思います!

 

 

ツイッターでは、よく告知をしておりますので、

よろしければご覧ください!

HARUKA (@harukacrazy) | Twitter

 

まだどれも、始まったばかりですが!笑

 

 

さてさて、本題!!

 

 

私は、人生で初めて!

路上で絵描きをしました!

 

じゃじゃん!

 

f:id:popoponyo1119:20171016005850j:plain

 

 

家にある使えそうなものを片っ端から、

リュックに詰めて、原宿に行きました。

 

霧雨が降っていたけど、

そんなの関係なしに、

「今日、路上をやりたい!!!」

と言う気持ちが強くて、決行しました。

 

 

時間帯も良かったのか、

荷物を広げて、「絵をプレゼント!!」と紙に書いていたところ...

 

 

「おねえさん!なにしてるの〜〜??」

って、女の子(小学生かな?)2人組がやってきました。

 

 

おぉぉぉ〜〜〜!

早速お客さんだ〜〜〜!!

 

「来てくれてありがとね」

「なんか、絵をプレゼントするよ!!」

 

 

そしたら、なんだか忘れちゃったけど、

一人はアニメのキャクターで、

もう一人は、ドラクエキングスライムだった。

 

書いてる途中にいろいろ話をしました。

 

少女A 「おねぇさん、絵が上手いっ!!」

 

私「好きだから書いてるんだよ〜〜!おねぇさんね、暇なの!」

 

少女B 「ねぇ、早く帰ろうよ〜〜、おこられちゃうよ〜〜」

少女A 「大丈夫大丈夫!先帰っててもいいよ!」

    「私も絵描こうかなぁ〜〜(書き始める)」

少女B 「怒られちゃうよ〜〜〜」

    「あ、おねぇさんこれ見て!プニプニするの!!!」

 

私 「あっ!本当だ!!いい匂いする!!!」

  「もし、お母さんに怒られたら、

   変なおねぇさん話しかけられたって言っていいからね!笑」

 

少女A 「え!!おねえさん、変な人なんかじゃないよ!」

    「私わかるもん!おねぇさんは優しい人だよ!!」

    「おねぇさんは優しい目をしてる!ね?〜〜ちゃん?」

少女B 「うん!絵も上手だし!!」

 

私 「えへへへ...そうかな?すごい嬉しいよ!!」

 

(この時点で周りには10人くらい人だかりができてた!!)

 

私 「もうすぐできるよ〜〜〜!」

 

少女AB 「あっ、お金あげられないよね...」

 

私 「そんな!いらないよ!!!笑」

  「来てくれただけで、本当に嬉しいよ!!」

 

少女B 「あっ!〜〜ちゃん、あれ、あげようよ!」

少女A 「そうだ!はい!あげる!!」

    「これもあげる!下手だけど!」

 

f:id:popoponyo1119:20171016010355j:plain

 

私 「え?え?ほんとにいいの???」

  「ありがと〜〜〜〜〜!!!!!涙」

 

少女A 「いいよ!あげる!そろそろ帰るね〜〜」

 

 

そのあと、少女たちは、

次いつ来るの?って聞いてくれました。

 

また来るときは、必ずこの曜日と時間に来るから!!!

と、私はいいました。

 

電子データを挟まない、約束は、素敵だ。

 

 

来週はネパールにいるので、いけないんですね...泣

 

 

また、出会えることを願って。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、初めてのお客さんは小学生でした。

次に来たのが、ご夫婦の方!

 

「何がお願いできるかな?」

 

「はい!あなたたちが初めてのお客さんです!!!」

 

「え!そうなの!!ラッキーだなぁ!」

「じゃあ、僕たちのイメージで何か描いてくれる?」

 

原宿っぽい、竹下通りっぽい、竹を背景に、

お二人の着ている服からイメージした少女を書きました。

 

「お〜〜〜〜!!独特で、いいね!!ありがとう!!!」

「これから、ビッグになってね!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

隙もなく、日本語堪能な、アジア人のカップルにも、

そんな感じの絵をプレゼントしました。

 

二人の着ている服を、イメージして、

星に乗った女の子を書きました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに、次に来たのは、

日本人のカップル。

 

「似顔絵って書けますか??」

 

「う〜〜〜〜ん!今日初めてなんです!」

「練習でもよければ!やりますよ!!笑」

 

「いいいですいいです!!お願いします!!」

 

そして、なんとなく似ている似顔絵を渡しました。

 

「俺たち大阪から来たんですけど、いい思い出になりました!!」

「ありがとうございました😊」

 

なんだか嬉しくて、涙が出そうになりました。

二人の思い出の1ページになったかな?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こんな感じでした!

これでもまだ前半1時間くらいです。

 

後半の話は、また明日。

 

 

意外とひっきりなしに人が来てくださいました。

寒くて、雨が降っているのに、

皆様、とても優しくて、笑顔でした。

 

人の温かさを、全身で浴びました。

 

絵を渡すときに、どうしても嬉しくて、

ほぼ全員と握手をさせていただきました。

 

 

握手するとき、表情をよく見ます。

 

 

人は こんなに 素敵な笑顔をするのか !!!

 

 

と、しみじみ思いました。

 

 

私の絵で、人に笑顔を作ることができるんだ!!!!

 

そう実感できた、

私にとって、めちゃくちゃ大切な2時間半になりました。

 

また明日更新いたします〜〜✨

 

 

コメント・感想・リクエス

お待ちしております〜〜😊

 

mail → geoharukageo@gmail.com

 

HARUKA

 

 

最後に、昨夜、実家の猫が亡くなりました。

 

私が高校生のときにもらってきた猫で、

本当に小さくて、電車で大事に運んだのを覚えています。

 

小さいから、まだ猫カリカリが食べられなくて、

主に母ですが、交代しながらミルクをあげました。

 

そんなことからか、すごい甘えん坊で、

撫でられるのと、抱っこされるのが大好きでした。

よく、ベッドで一緒に寝ました。

口が臭かったなぁ、笑

でも、かわいかったなぁ......

 

そんな、まめちゃんが星になった。

 

たくさんの愛を、受けていた。

当人が何を思ったかは、誰も知らない。

 

ただ、私たちが愛した。

それだけが事実。

 

まめちゃんの魂が、天国で幸せに暮らしてしますように。

 

f:id:popoponyo1119:20171016020439j:plain