はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

笑顔って最強かも…!

 

こんばんは!

 

ネパールでまんまと風邪をひいたHARUKAです笑

 

言い訳していいですか?

まさか夜行バスに乗ってて、窓が勝手に開くとは思わないじゃないですか!

 

冷たい風邪にひゅーひゅー吹かれて、

完全に喉がやられました。

 

さらに鼻が詰まった状態で、飛行機に乗ったら、

気圧の変化で完全に調子が狂ってしましました。

 

金土日と、家にこもりました...

(研究やばい)

 

 

今も耳と鼻が詰まってます!!泣

 

 

 

さて、本題に移りましょう。

 

 

10/18-25まで、ネパールに行ってきました。

じゃじゃーーん!!

 

f:id:popoponyo1119:20171030003111j:plain

 

これは、ネパールのルンビニにある、

お寺の一つで撮影しました。

 

お釈迦様の誕生の地で、

仏教の聖地になっています。

 

この公園?庭園?の中はとても綺麗で、

ネパールのお寺はじめ、日本・中国・タイ・インドなど、

いろんなお寺が集まってます。

 

 

 

ネパールでは、

ほんとに、ほんとにいろいろハプニングがあったんです!笑

 

 

 

ですけど、一番強く感じたのが、

 

『笑顔』って最強かも!!!」

 

ってこと。

 

 

(ちょっと話をそらしますが、元に戻しますので!!笑)

 

 

私は、ネパールに行く前に、

物乞いにあっても、絶対にお金を渡さない。」

「絵を渡す!!」

と決めていました。

 

 

ネパールでは、仕事が不足していて、

たくさんの人が暇そうにしています。

 

 

バス乗り場に行くと、

 

食べ物・チケット売りのおっちゃん達、

宿の勧誘のおっちゃん達、

物乞いの子供・女の人......

 

たくさんの人がいます。

 

 

日本では、信じられない光景です。

日本人は、仕事にそこまで困ってないから。

 

 

ネパールのゆったり、のんびりした空気、

私は、そこが好きです。

 

 

でも、ずっと住みたいとは思わない。

 

 

タクシーのお兄さん達(同じ歳くらい)と話をしたら、

 

「ネパールは仕事が少ないし、うるさいし、水も綺麗じゃない。」

「俺はボクサーになって、稼ぐんんだ!」

「俺は日本語を勉強して、日本に行く!」

 

私はこの言葉に衝撃を受けました。

 

 

日本なら、稼ごうと思えば、

ある程度までならいつでも、元気な体一つあれば稼げます。

 

 

でも、ネパールでは、

稼ぎたくても稼げない。

 

今の私には、信じられない話でした。

 

『やりたいことを、やりたいときにできないのか』

 

日本ってやっぱスゲェ。

 

お金すぐ稼げるし、

仕事もいくらでもあるし、

やり始めようとしたら、なんでも揃ってる。

 

 

これって、スゲェんだ....って実感しました。

 

 

そして、

 

私が、今、ネパールの人にできることって何だろう?

そう考えたときに、

 

『絵をプレゼントすること!!!』

 

と思い立ちました。

 

 

リュックに紙とペンを入れて、

機会があったら、何かを描いて渡す。

 

 

そう思っていたら、思いの外、大活躍!!

 

 

悲しそうな目で、

「candy? money?」

と物乞いをしてきた少女。

 

ここでお金を渡すことなら、誰でもできる。

この子も一番助かるかもしれない。

 

でも、ここで、「絵」を渡したら、

どうなるんだろう?

 

ペンをとって、ドラえもんを描いてみた。

 

 

 

そしたら.....

 

f:id:popoponyo1119:20171030024209j:plain

 

f:id:popoponyo1119:20171030024240j:plain

 

にこにこ〜っと笑って、その子も筆をとった。

その子が描いてくれました。

 

おおおお、少女、すごい!!

この造形は、どこから来るのだろうか.....

 

いろいろ描いた後、

言葉はわからなかったけど、

「私の似顔絵描いて!!」

って、ジェスチャーで言われた。

 

 

私が彼女を描いている間の、

その子の顔が忘れられない。

 

わくわくしてて、

目がキラキラしてる。

ちょっと恥ずかしそうで、

口角がキュッと締まる。

 

とてもかわいい「笑顔」だった。

 

f:id:popoponyo1119:20171030021348j:plain

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 

足元には、その子の兄弟かな?赤ちゃんがいました。

 

二人とも、ボロボロの服を着ていた。

 

でも、絵を描いていたり、ペンのキャップでツンツンしたり、

『遊んでいる』、それだけなのに、

すごい、かわいい、『笑顔』だった。

 

 

その笑顔を見たとき、

 

赤ちゃんの鼻水とよだれがズボンに、ペンについてようが、

彼女に、自分のそこそこ上手く描けた絵に落書きされようが、

 

 

ほんと、

そんなこと、どーでもいい!!!

と思いました。

 

 

この『笑顔』が見られる。

このことが幸せだって思ったんです。

 

 

きっと、ルピーを渡すだけじゃ、見られなかっと思う。

 

 

他にも、バス停で

「chocolate??」

って聞いてきた少年二人組にも、絵をプレゼントした。

 

二人とも、英語ぺらぺらで、

いろんな話したなぁ。

 

ネパールでは、『ハットリくん』が人気らしい!

f:id:popoponyo1119:20171030030204j:plain

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 (うしろのヒッピーな感じの兄ちゃんは、めちゃくちゃ歌うまかった)

(勝手に写り込んできた、いい笑顔だぜ!!!)

 

 

この他にも、

自宅のディナーに誘ってくださった方、

バスとかご飯屋さんで会って、仲良くなったおっちゃん、

 

いろんな人と、「絵」を通じて繋がって、

いろんな人の、「笑顔」を見ることができた。

 

 

人の『笑顔』って不思議なもんで、

 

なんだかほっとするし、

嬉しくなるし、楽しくなるし、

自分も笑顔になるし、

 

良いことずくめなんです!!

 

 

『笑顔』って最強かも。

 

そう感じることのできた旅でした。

 

 

HARUKA

 

f:id:popoponyo1119:20171030031351j:plain

朝、バスに向かう。

f:id:popoponyo1119:20171030032412j:plain

買い物。値段は交渉する。

photo by KATO

Soichiro KATO Photography

 

 

P.S.

 

ネパールで、もう一つ大事にしていたもの。

 

ネパールでは、

とにかく、朝ごはんはもちろん、

日中暇になったら、紅茶を飲みます。

 

せわしない日本では、特別な時間。

 

 

家に帰ってから、

朝起きてのんびり本を読みながら、

作業をしながら、

 

大好きな人とおしゃべりしながら、

 

紅茶を飲む。

 

 

どれも、とっても愛おしい『時間』。

 

いつもの自分を忘れて、ぼーーっとするのもいい。

 

そんな『時間』を、一緒につくってみませんか?

ぜひ、覗いてみてください。

ネパールのおすそ分けです。

 

harukashop

f:id:popoponyo1119:20171030033138j:plain

 

以上!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました〜!!

 

また、近々更新します。

 

感想・リクエス

コメントまたはメールでお待ちしております。

 

mail→ geoharukageo@gmail.com