はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

ハードルを下げてみた

 

私は悩み事が尽きない。

悩んでも悩んでも、解決したらすぐ次の悩みがくる。

 

悩むというよりは、考えているっていうことに近いかもしれないです。

 

f:id:popoponyo1119:20180211010521j:plain

 

 

よくわかんないです。

 

 

悩み事があるときに、より多くのことを求められたり、

求めたりすると、本当に疲れます。

 

自分のことで精一杯なのに、他の人のことなんて考えたくないし、ましてややらなきゃいけないことなんかがあったりすると、大変ですよね。

 

 

だからこそ、

ハードルを下げる

これが大事だったりします。

 

 

もう、私から言わせれば、人間生きているだけで偉いんです。

毎日ご飯食べてるの、えらい!

毎日服着てるの、えらい!

毎日朝起きているの、えらい!

 

誰しも自分に求めている人物像や、目標、

人と対比しての自分の存在感や立ち位置があると思います。

 

でも、それを一旦忘れてみるのです。

 

ぜーんぶ忘れる!!

 

 

そうして、まっさらな自分を、素っ裸な自分を見て見るんです。

 

意外と悪いもんじゃあないですよ。

 

 

自分を真正面から客観視する機会って、そうそうないです。

自分にできることを一から見て見るのです。

 

23年も生きてりゃ、いろいろ身についてるものです。

 

 

もっと、ハードルを下げれば、楽になる。

 

 

でも、ハードルが無いのもつまらないと、私は思います。

 

超えたくなるようなハードルだけ、超えればいい。

 

f:id:popoponyo1119:20180211012706j:plain

 

ハードルの数も、高さも、位置も、全部自分で作ればいい。

 

最高な人生にしたい。