はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

ついに論文が終わる。

今日は、実験室の片付けをしてきた。共用のものから、私物まで。
いらないものはばっさり捨てた。

 

私が今まで(研究では3年間)ちまちまやってきたことがフラッシュバックした。
野帳を見ていると生田緑地・城ヶ島、北海道とかネパールの地質のスケッチが出てきた。サンプルを入れていた重箱?には2年前に取りに行ったサンプルとか、頑張って作った薄片とか、思い出がたくさん詰まっていた。なんか、修論クソすぎて自分を卑下していた部分が少しあったんだけど(少しでいいのかよって感じだけど笑)、なんかそれが払拭された感じがあった。

「過去の自分におさらばだぜ〜〜〜!!」とか言いながら、みんなで今までのサンプルを埋めていった。みんな泥だらけだったけど、表情は明るかった。ふと「なんか、もったいないっすね」って私がいったら「また、新しくサンプル取ればいいんだよ」って、先生が言った。なんか、その会話がとても気持ちよかった。

石を捨てている時、開放感があった。

 

この3年間、私はずっと研究に囚われていたのかもしれない。
ずっと、頭の隅に研究のことがあった。ずっと気に留めてた。

 

実験室の掃除も終わり、いよいよ明日、完全版の論文を先生に提出する。

 

研究は、私にとっては大きい荷物だったのかもしれない。(もちろん、ほとんど楽しかった!!!いろんなとこ行って、調査して、まとめて、学会で発表して、論文にもまとめられた。これは今まで過ごしてきた中で、最も充実していたことと感じた。)

 

その荷物を一回、下ろそうと思う。
グッと背伸びして、リラックスさせたい。

 

f:id:popoponyo1119:20190226214929j:image

偏向板通したゼラチン

 

あとちょっと最近のマイブーム紹介しますね。どうしても人の話聞かなきゃならない時ってあるじゃないですか。嫌な話とか、興味ない話とか、愚痴とか。そんな話を聞いてモヤモヤした時にね、『は?何言ってんのコイツ???』って心の中で返すの。それがマイブーム。

例えば、今日先生に、『フリーターになるのかぁ〜!(どうせやりたいことなんて)何も見つからないから!』って笑顔で言われて、な〜んかまともに受け取ったらいけないってわかるんだけど、モヤモヤしたのね。そんな時に『は?何言ってんのコイツ??』って自分の心の中で呟いたらなんか笑えたの笑。

てめぇに何がわかるんじゃボケェ!って思いながら、うまく流せたの。
(もちろん先生のことは研究面でめちゃくちゃ尊敬してます!!!)

 

あぁ、これぞストレスフリ〜〜!って感じた瞬間だった。
これ読んでる人もモヤモヤしたらやってみて。