はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

終わりとはじまりは同時に

 

論文の提出をして、晴れて自由の身になる。でもサッパリキッパリおさらばではなくて、ちょこちょこやらなければならないことがある。片付けとか、私物を持ち帰るのも仕事の1つ。

 

さてさて、今住んでる部屋の契約が今年でちょうど切れるので、これを機に引っ越そうと思う。仕事も何も決めてないから、自分の好きなところに住もうと思っている。お金なんて全然ないけど、住めばどうにかなる。

 

実家に帰るのも手なんだけど、私は実家に居たくないので頑張るしかない。実家にいると、息が詰まりそうになる。なんか、こう、勝手にいろんな想像しちゃう。親はそんな責めたり問いただしたり全くしないけど、私が妄想をはじめてしまう。

早く自立しろよ、飯くらい上手に作れよ、風呂の掃除をしろ、夜は早く寝ろ、、、、家を出てから、直接言われたことは無いけど、少なからずそう思われてるんだろうなぁ。

 

だから、家を出てから、家族と一定の距離を保っている。私が困った時には助けてもらってるんだけどね。でも、年に4回帰れば十分なんだよ。そんなもんだ。

 

というわけで、実家に帰る気は全くなく、仕事に就くわけでもなく、とにかく引越しする事だけが決まっている。(お手伝い募集中)

自分で決められないから、決まった事から絞っていくスタイルでいこう。そしたらどんどん、要らないものが消えていく気がする。

 

なんかあやふやな状態だけど、私の中ではある計画が進行しているので、それをなんとか達成させたい。それまで、がんばるぞ。

 

ふわふわとした、だらしない時間を楽しもうと思う。

 

f:id:popoponyo1119:20190228215152j:image

こないだのアキラの壁