はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

頭がクリアになった

こんばんは!そしてお久しぶりです。はるかです。

 

昨日友人と電話しました。私は寝落ちしてしまったので、最後の15分くらいしか参加できなかったのですが、楽しかった。何より、みんなの顔が見られてなんだか安心した。

 

ここ4年間ほど、病んだり復活したりの繰り返しをしてきた。頭でいろいろなことを考えて、こんがらがって、未来か過去か今の自分がよくわからなくなった。いろんな自分が生まれて、いろんな角度から意見が出てきた。やりたいことがあって、好きなことがあって、それを実行する気力もあったから、もがいていた。

 

それが、あるアニメに出会ってから、頭がクリアになった。これにはすごいびっくりした。あためがクリアになると、なんていうのかわからないけど、明るくなる。一言では言い表せないし、文字に書き起こすことも難しい。

 

そのアニメのタイトルは「ミッドナイト・ゴスペル」。

ネットフリックスで放送中のアニメで、私の大好きなアニメ「アドベンチャータイム」の監督ペンドルトンワードがコメディアンのダンカントラセルと製作したものです。内容はかなり哲学的・宗教的な会話をPodcastのような感覚で聴くことができる。その会話にサイケデリックな色合いで可愛いキャラクターが動いていく。ストーリーとしては、少年が仮想現実に遊びに行き、現地の人に取材をしてラジオで流す。というものである。

 

1番好きなのが最終話(8話)なんだけど、主人公とその母親が、主人公の生まれた時から母親が死ぬまでの話をしている回。会話を収録したのが、コメディアン本人とその母親で、母親はなんとガンによる余命宣告を受けていた。その中で、「死」というものを話しているから、すごい真剣だし、とても泣ける。

 

その中で印象に残っている会話がある。

負債にまみれ、食うのにも困っている人は、何から始めたらいい?どうしたらいいの?世界中の人がこの状態なのに、どうしたらいいのかわからない。

1番簡単なのは「現在」を生きること。未来や過去は置いておいて、今を感じることからはじめる。

 

私は今、大変辛い状況にあると思う。それは自分が1番よくわかっている。でもこれから私は生きなければいけないし、やってみたいこと行きたいところが沢山ある。いつかは死ぬけど、今は死ぬ時じゃないと思う。でも、そのアニメを参考に「現在」を感じる練習をしてみた。いわゆる瞑想なんだけど、これがなかなか難しい。でもとても効果があった。

 

瞑想の具体的な手段

・まずは指の先を感じる
・次に手のひらを感じる
・そして腕全体に
・両腕、両足の内側を感じる
・ただ聴く
・ただ見る

 

瞑想は、自分の意識を飛ばして、自分の体が感じることに集中することみたい。まだよく知らないけど。あと、主人公は瞑想は死の準備とも言っている。

 

私の体はここにあって、指の先は暖かくて、足は地面についている。換気扇の音が聞こえて、畳の目が見える。それが今現在の私なんだとわかった。ただそれだけで、それ以上でもそれ以下でもない。そう考えたら、今いるところも悪くないかなって思えた。そして今できることをやってみようというつもりになった。

 

その時、私は今まで過去とか未来とか、意識に集中しすぎていたんだなって感じた。頭で考えることを中心に生きていると、流れに逆らって踏ん張って止まっている状態になる。そうすると心が敏感になってしまう。とても辛くなる。
それよりも、ただここにいて、こうゆう状況であるということを把握して、感じて、あとは流れに身を任せるのがいいんじゃないかと思った。大きな流れがあって、その向きはどこに向かっているかまだわからないけど、心地がいいし気持ちが穏やかになる。これが私と言える気がする。

 

なんかスピリチュアルな話になっていたかも入れないけど、私は特にスピリチュアルとは思わないし、これが現実だと思っている。何か気になって頭がごちゃごちゃになっている人で、海外アニメ独特の雰囲気と多少のグロに耐性がある方はぜひ「ミッドナイト・ゴスペル」を見てみてほしい。

 

では、今日はこの辺で。
皆様どうか、お元気で!

f:id:popoponyo1119:20200428233049j:plain

種から育てた枇杷の木。いつか大きな庭を持って、そこに植えたい。