はるかの1人暮らし奮闘記

2015年から1人暮らしをはじめました。遥が悩んだり、色々チャレンジする!自立して、マックを毎日食べられる生活を目指しています。

編集者という仕事

編集者になって、丸々4ヶ月と少し経った。
今日はふとブログのことを思い出して書いてみることにした。

 

時間が過ぎるのはあっという間で、仕事を覚えるのにも一苦労だったのに、今では文句タラタラな毎日である。同僚とも、仲良くやっている。

編集ってのは、本当に地味だ!!!

 

もっとこう、デザインとか考えて楽しい感じなんだろうなぁって漠然と想像していたけど、全然違った。笑ってしまうほどに!笑笑

 

仕事の内容はこんな感じ。

・取材

・執筆(文章を書く)

校閲(文章が正しいか、新聞記事やHPと照らし合わせる)

・校正(誤字脱字はもちろん、日本語として正しいかチェックする)

・誌面のレイアウトを考え、デザイナーさんに依頼・その後のチェック

・印刷所に印刷をお願いする

 

この間に細々とした連絡や、何重にもわたるチェック作業が存在する。
特に一番びっくりしたのが、校正!人によってやり方があるとは思うが、一文字ずつ鉛筆で消していって、確認するのだ!!これが一番確実なんだよな…(今のところは)

 

自分だったら、この雑誌こんなダサくしない!

この広告なんか変なんだけど…

 

そう思っていた自分を殴りたい。

 

それさえも作れることが本当にすごいことなのだ。
普通にある、良くあるものを、つくるのって本当に大変!

 

仕事をすると、勉強をすると、世界がまた違う顔を見せてくれる。
そしてまた、私も少しずつ変わっていくのだ。